住宅ローンも過払い金請求も両方行うためのポイント

住宅ローンも過払い金請求も両方行うためのポイント

過払い金請求をしたいけれど、ブラックリストに載ったり、今後お金を借りたいときに借りれなくなってしまうのではないかと懸念される方も多いです。

特にライフプランとして、家の購入を控えて住宅ローンを考えている方にとっては死活問題です。 だからと言って、お金が返ってくるかもしれないのに過払金請求を断念するのは早計です。

過払金請求をしたことでローンが組めなくなるパターンはどういう場合か、解説していきます。

過払い金請求と過払い金とは

iphone-791450_1920

まず『過払い金』とは、払い過ぎた利息のことです。 利息制限法で定められている15%~20%の上限金利と、出資法で定められている29.2%の上限金利の間を『グレーゾーン金利』と言います。

法律改正前はグレーゾーン金利による取引が平然と行われていました。 その後グレーゾーン金利は問題であると判断され、法改正を行い廃止となりました。 知らずにグレーゾーン金利で取引をしていた人は、通常払う必要のなかった分を払いすぎた利息が存在します。

この払い過ぎた利息を請求する方法が過払い金請求です。 過払い金請求をすることで、この過払い金を取り戻すことができます。 借金を返済中の人は、過払い金を借金に充てて返済することも可能です。

一方で賃金業者にとって、過払い金請求は好ましいものではありません。 賃金業者から本来発生している過払い金よりも少ない金額を提示され、正しい金額を受け取れずにいる人もいます。

過払い金請求すると住宅ローンは組めなくなる?

TKBFUKIGENKANOJYO_TP_V

ブラックリストとは

ブラックリストは、一般的に企業や団体などに不利益をもたらす者の個人情報を記載したリストを指します。 金融機関や貸金業者の間では、返済の遅延や踏み倒しなどを行う悪質な債務者の情報をまとめたリストの意味があり、複数の業者で情報が共有されているのが特徴です。

一度でもブラックリストに記載されると社会的な信用が大きく低下してしまい、新規の借り入れやローン申請が通りにくくなることがあります。

ブラックリストに登録されるのは、主に延滞した場合と債務整理をした場合です。 1~2ヶ月程の延滞であれば、忘れてしまった時やトラブルなどの可能性を考慮して登録されない傾向にあります。 しかし、複数の返済が同時に延滞したり、あるいは繰り返して延滞していたりする時は、短期間の延滞でもブラックリストに登録されることが高いです。

債務整理は借金額を減らして、負担を軽減させる方法のことを言います。 具体的な方法としては、「民事再生・任意整理・自己破産」の3つの方法があります。 どの方法をしてもブラックリストに登録されてしまい、過払い金請求箱のうちの任意整理に扱われる可能性があるので注意が必要です。

過払い金請求をしても住宅ローン審査への影響はない

過払い金請求をしても、住宅ローンなどの審査には影響ありません。 過払い金請求とは、払いすぎた利息を取り戻すことで正当な権利でもあります。

金融庁からも、全て借金を完済した後の過払い金請求はブラックリストには載らないとしているので、住宅ローンを組むことが可能です。 そのため完済している過払い金請求は、住宅ローンに影響はありません。

過払い金請求をしても今ある住宅ローンへの影響もない

すでに住宅ローンの審査に通過し返済を進めている場合に過払い金請求をしても、その住宅ローンに影響はありません。 過払い金を請求したことでブラックリストに載り、ローンの一括返済や見直しなどがないか不安になりますが、安心していいでしょう。

過払い金請求は不当なものではないので、住宅ローンの返済中にしても構わないのです。返済は、今まで通りに月々の分割やボーナス返済などを契約通り続けることができます。過払い金請求をすると、一時的にブラックリストに載る可能性もあるので、請求の前に住宅ローンの審査を通しておくといいでしょう。

過払い金請求をして住宅ローンが組めなくなるケース

coins-1015125_1920

ローンの審査は信用情報が重要になる

人生の中で一番大きい買い物とも言われるのが住宅の購入です。多くの人は住宅購入の際に、住宅ローンを組んでマイホームを手に入れます。 過払い金請求を行おうと思っている人の中にも、住宅ローンを組もうと考えている人がいるかもしれません。

住宅ローンは金額が大きいということもあり、金融機関により厳正な審査が行われます。そして審査に通った人が銀行からの融資を受けられるわけですが、必ずしも全員が審査に通るとは限りません。 中には審査に通らず住宅ローンを組むことができない人がいます。

金融機関が住宅ローンなどの審査を行う際、参考にするものの一つに信用情報機関の信用情報があります。 住宅ローンを組もうとしている人が過去に借金をしたことがあるか、クレジットカードの支払いの延滞があったかなど、ローンを組もうとしている人が金融機関から融資を受けるのに相応しいかどうかを判断するために使われる情報のことです。

これらの記載に問題がある場合は、住宅ローン審査に通る可能性は極めて低くなります。金融機関としても返済できる見込みのない人にお金を貸そうとは思わないわけですから、信用情報はローン審査で非常に重要なポイントです。

返済中の過払い金請求はブラックリストに登録されてしまう可能性がある

過払い金請求は払い過ぎた利息の返還請求をすることで、借金を帳消しにすることもできます。 とはいえ、中には支払い中の借金について過払い金請求を行ったものの、借金の帳消しまでには至らなかったというケースもあります。

この場合は、過払い金請求を行ったとは言わずに借金の「任意整理」を行ったという形になります。 平成22年以降の現行システムでは、過払い金請求という名目で債務整理が行われた場合、信用情報への記載はなされないということになっていますが、任意整理の形では信用情報に記載がなされてしまいます。

つまりは、ブラックリストに登録されてしまうということです。 ですから、過払い金請求を行う際には請求によって借金がなくなるかを確認しなければなりません。 もしブラックリストに登録されてしまった場合、信用情報に記載の残る約5年間は住宅ローンを組んだりクレジットカードを作成したりすることはほぼ不可能となります。

過払い金請求は必ずしも良いことづくしの制度ではないということをよく理解しましょう。

住宅ローンを組む金融機関が、過払い金請求をした業者と関連会社だった場合は組めない可能性がある

相手の立場に立って考えてみると分かりますが、過払い金請求は貸付金融機関にとっては非常に嫌われます。 過失とはいえ、自らの取り立てたお金を返さなければならないわけですから良い気分はしないはずです。

そのため過払い金請求をした金融機関から、再びお金を借りることが非常に難しいことだということは容易に想像がつくはずです。 そのことは住宅ローンについても同じことが言えます。 過去に過払い金請求をしたという履歴は信用情報に記載はされなくとも、会社内の情報としては残ります。

もしその金融機関にグループ会社があれば、グループ全体で情報が共有されていると考えたほうが良いでしょう。 そうなると住宅ローンを組むことができない可能性があります。 ですから、住宅ローンを組もうとしている会社が、過去に過払い金請求を行った金融機関となんからの関わりがあるかは事前に確認しておきましょう。

同系列の金融機関であったなら他のところを探したほうが無難です。 とはいえ、過払い金請求は法的に認められた正当な手続きです。 日本には様々な金融機関があるわけですから、多少候補にできない会社があったとしても大した問題ではありません。

何よりも自らの債務をどうにかして処理することを考えて下さい。

過払い金請求後も住宅ローンも組みたい時にすること

new-home-1673159_1920

基本は完済してから過払い金請求をすること

過払い金請求ができる状態にあり、住宅ローンも新規に組みたいと考えている人は、手続きの順序などをよく検討する必要があります。 というのも、住宅ローンというのは高額で長期の融資になるため、金融機関もキャッシングよりも厳しい目で審査を行う傾向にあります。

審査の内容はキャッシング等と大きな違いはなく、本人の支払い能力や信用情報の調査などが中心となっています。 しかし、その基準は金融機関によって異なりますので、どの金融機関でも融資が受けられるようにしておくためには、できるだけ好条件の債務者としてローンを申し込んだほうが良いでしょう。

住宅ローンにおける好条件の債務者とは、支払い能力がしっかりしていること、借金が現時点でゼロに近いこと、信用情報に傷がついていないことなどです。 過払い金請求は、時として信用情報に傷がつく恐れがありますので、ローンを検討しているときには基本的に一度完済して、業者が信用情報の登録をできない状態にしてから請求することになります。

こうしておくと残債務もゼロに近くなり、信用情報も綺麗な状態になりますので、過払いになりうる借金のある人がローンを組むときの条件としては最もよい状態になります。

返済中に過払い金請求をする場合は過払い金で完済できればローンが組める

いったん完済してから過払い金請求をするのが理想的であるとはいえ、誰もが一括弁済できるだけの資金を用意できるわけではありません。

住宅ローンは組みたいものの、減額されるのが分かっていてこれ以上返済を続けたくないという人は、一度ローンの申し込みを先延ばしにすることを考えましょう。

返済中の過払い金請求の場合、一時的に信用情報に登録されることはありますが、元々払う必要のない借金を払っており、それを取り戻しただけですので、ブラック扱いにするのは正しくありません。

そのため、一時的に信用情報に登録されたとしても、実際に過払い金を受け取って取引を解約したできた時点で、その登録内容は即座に消去されることになっています。 つまり、一括弁済ができない人はすぐに過払い金請求を行い、そのお金で借金を完済したことにすれば、手続きがすべて終了する数か月後には信用情報の傷も借金もない状態に戻れます。

その時まで住宅ローンの申し込みが待てるのならば、好条件の債務者として融資の申し込みができるようになります。 現時点で他社から他にも借り入れがある場合には、過払い金で借金を大幅に減額したり完済したりして、さらに好条件の債務者になることも可能です。

住宅ローンを組んでから過払い金請求を行う

一括で返せるほどの資金力はないものの、住宅ローンは今すぐに申し込みたいという人の場合には、まずローンの申し込みに通ってから過払い金請求をするのがおすすめです。

この場合、ローンの申し込みをした時点では、借金は残っているものの信用情報に傷はついていない債務者として扱われます。借金があるという点でやや条件的には不利になりますが、完済できるだけの安定した年収があり、年齢や健康面での問題のない場合には、信用情報を確認したうえで融資を認めてもらえる可能性が高いです。

融資が決定した後は、信用情報に傷がついてもローン契約を取り消すことができません。この時点で過払い金請求をすれば、業者から信用情報に登録がされたとしても、ローンと過払い金請求を両立させることができるのです。

なお、大手の金融機関では個別の事情などはあまり斟酌してもらえないことが多いですが、話のしやすい地元の金融機関等であれば、前もって過払い金請求をする予定であることを説明すれば、借金があっても好条件の債務者として扱ってもらえることがあります。

どうしてもここでローンを組みたいと考えている金融機関があるときには、資料を添えて事情を説明してみるのも良いでしょう。

まとめ

PAK86_testderuzo20141123172553_TP_V

住宅ローンを組めるのかどうかは、過払い金請求をしたときに債務が残っているかどうかで決まります。 過払い金請求自体は債務整理として扱われないため、ブラックリストに登録はされません。

しかし、債務が残っている場合の過払い金請求は、債務が残ってしまうと任意整理として扱われるためブラックリストに登録され可能性があります。 過払い金請求をする時点で債務が残っていても、過払い金で相殺される場合は問題ありません。

ブラックリストに登録されなくても、住宅ローンが組めないこともあります。 過払い金請求をした会社は利用することができなくなるため、関連会社だと審査に引っかかる可能性があるのです。

したがって、借金を完済している場合は住宅ローンを組んでから過払い金請求をするか、関連会社以外で住宅ローンを組める会社があるかどうかを調べておくとよいでしょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守

関連記事