クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠は過払い金請求できるの?

クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠は過払い金請求できるの?

最近では多くの人がクレジットカードを利用しています。その中で、過払い金請求を考えている人もいるでしょう。

しかし、クレジットカードの過払い金請求には大きなデメリットがあります。 キャッシング枠とショッピング枠でも違いがあり、それを知っている人はとても少ないです。

今回の記事では、クレジットカードでの過払い金請求について詳しく説明します。 さらに、過払い金請求後カードは使用できるか?なども合わせて紹介します。

過払い金請求ができる条件

PAK25_mansatutotenbou_TP_V

消費者金融やカード会社に、支払いすぎた利息のことを過払い金と呼びます。 金利の上限は利息制限法に応じて本来15%~20%の金額が決められていますが、2007年以前は出資法が定める29.2以下であれば、20%以上の金利を債務者が任意で支払う場合は罰則対象にならない「グレーゾーン金利」が存在していました。

多くの金融会社がこの「グレーゾーン金利」を債務者に提示し、20%以上の利息を支払う「みなし弁済」として契約していました。

双方の合意や条件が無いにもかかわらず、こうして行われた「みなし弁済」の契約は、2006年頃に「不当である」という最高裁判所で判断されました。 これをきっかけに、それまで出資法を基準としていた金利が金融業全体で見直され、2010年には正式な法改正により利息制限法を基準とした金利設定に統一されました。

そのため2007年頃までに、消費者金融やクレジットカードで借入をした経験がある人は過払い金が発生している可能性が高いです。

すでに返済が完了していても最終取引から10年以内であれば借りた金額を元に、法定利息に従い正当な利息を計算し直し、過払い金請求が出来る仕組みになっています。

クレジットカードから過払い金請求ができる理由

PPC_1manensatu4mai_TP_V

クレジットカードのキャッシング枠は過払い金請求ができる

クレジットカードを長年利用している人の中には、改正貸金業法が完全施行される以前から利用している人もいるでしょう。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2種類が設定されています。キャッシング枠については過去において利息制限法で定められている上限金利を超えた違法金利で貸付が行われていた時期があります。

キャッシング枠を利用して違法金利で借りていた場合には、最終返済日から10年以内の場合に限り過払い金請求が可能となっています。 クレジットカードの利用履歴を明細から確認出来ない場合には、クレジットカードの発行会社に対して取引履歴の請求を行えることになっています。

クレジットカードのキャッシング枠で過払い金が発生していることが確認出来た際は、過払い金請求を行った時点でクレジットカード自体が解約されて精算されることになるので要注意です。 クレジットカードの過払い金請求は、ショッピング枠の利用残高を減らした上で行なうことが望ましいです。

クレジットカードのショッピング枠は「借金」ではないので過払い金は発生しない

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠という二つの機能があります。キャッシング枠は借金の扱いになるので利息が付きます。

利息制限法を超えた金利に対しては過払い金請求することができます。 一方でショッピング枠は借金ではないので、過払い金は発生しません。 買い物などをしたときの立替金として法律上は扱われているのです。そのため、お金の貸し借りの利息ついて定めている利息制限法は適用されません。

ただ、キャッシング枠に過払い金請求するときには注意が必要です。 クレジットカードのキャッシング枠にのみ過払い金請求することはできませんので、同じカードのショッピング枠も使えなくなります。 過払い金請求をすると、クレジットカードが使用不可能になると覚えておくといいでしょう。

過払い金が発生しているクレジットカード会社の概要

wallet-2125548_1920

キャッシングによる過払い金請求の対象は貸金業者だけでなく、クレジットカードのキャッシングも対象となっています。 過払い金請求の対象となっているクレジットカード会社は、オリコ、セゾン、ニコスなどいくつもの会社が過払い金請求の対象となっています。

オリコは、過払い金請求をした場合、裁判なしの和解交渉の場合は5〜9割の返還があります。訟訴による裁判までおこなった場合は5〜10割となります。回収期間は和解の場合は8か月もかかり、回収に時間がかかるのが特徴です。

セゾンは和解交渉の場合は5〜10割の過払い金回収率、裁判でも5〜10割の回収率があります。回収にかかる期間は3〜4か月と比較的短い期間で回収できるのが特徴です。

ニコスは返還される過払い金が、和解の場合は9割、裁判の場合は10割の返還率があり、比較的高額の過払い金が返還されやすい会社です。回収期間は4〜5か月ほどかかります。

以上のような大手の会社は経営が安定していますが、小規模な会社の場合は経営が危うい会社もあるので過払い金請求は早急におこなうことをおすすめします。

クレジットカード会社に過払い金請求をする場合のデメリット

0I9A116515030107ryoute_TP_V

過払い金請求をしたクレジットカードは使用できなくなる

過払い金はクレジットカードを利用していた場合も発生します。 そのためもし自身がクレジットカードの返済で利息を多く払っていたと感じた場合は、弁護士や司法書士に依頼して過払い金請求を行うことが大切です。

しかし、クレジットカードの過払い金請求にはメリットも多い反面、いくつかのデメリットもあるので注意しなくてはいけません。

まず、過払い金の請求はキャッシングでの借入のみに適用されるという点です。 カードでのショッピングはあくまでカード会社が商品の購入を立替えた状態であると判断するため請求を行うことはできません。

次に、1度でも過払い金の請求をすると、その系列の会社からは新たにお金を借りることが難しくなるというデメリットです。 一般的に請求によって戻ってきたお金で借金が完済された場合は、信用情報機関にブラックリストに登録されることはありませんが、その会社が独自に作っているリストには載る可能性があります。

毎月の公共料金の引き落としをカードで行っていたり、新たに住宅ローンを組むことを検討している人は、別の会社を利用しなくてはいけません。

債務が残る場合はブラックリストに載ってしまう

クレジットカードの過払い金請求をする場合、キャッシング枠で借りた分が対象になりますが、請求を実施するタイミングに注意が必要です。

借金の返済中に過払い金請求を行い、過払い金で残りの借金が返済できれば問題ありません。 しかし、残ってしまった場合は任意整理の一環として扱われ、ブラックリストに登録されてしまいます。

そのため、事前に引き直し計算をして返金額を把握しておく必要があります。 なお、完済後に過払い金請求を行った場合はブラックリストに登録されることはありません。

ただし、クレジットカードの過払い金請求をした場合、返済状況に関わらず利用しているカードは使用できなくなります。

ショッピング枠の債務がある場合もブラックリストに載ってしまう

クレジットカードはキャッシングの返済に対して過払い金請求を行うことができますが、もしショッピングで購入した代金を返済中の場合は状況が異なります。

過払い金請求を行ってお金が戻ってくることになっても、もしショッピングによる債務が残っていると自動的にショッピングの返済に充てられてしまいます。 これは法律上では任意整理として扱われることが理由になります。 もし、返済が残っているお金が請求で戻ってくるお金よりも少なければ、完済という形になるのでブラックリスト登録されることを避けられます。

一方、返済のお金の方が上回っている場合は、任意整理を行ったという判断になってリストに載せられてしまうので気を付けなくてはいけません。 1度でもリストに登録されてしまうと、5年間登録されるので別のカード会社であっても新たな借り入れは難しくなります。

住宅ローンなどを組む場合もデメリットになります。このような状況にならないようにするためにも、キャッシングの過払い金請求をする時は事前にショッピングの返済は完済させておくことが重要です。

関連会社のクレジットカードやローンの審査が組めなくなる可能性がある

ブラックリストに登録されていなければ、過払い金請求後に別のカード会社で新たにクレジットカードを作成したり、ローンを組んだりすることができます。

しかし、過払い金請求を行った貸金業者や関連会社に対しては、ブラックリストに登録されていなくてもカード作成やローンを組む前の審査に落ちてしまう可能性があります。 過払い金請求は法律で認められた行為とはいえ、業者側にとっては利益が減ってしまう行為であるため、業者側独自の顧客情報には要注意人物として記録が残されてしまうからです。

ブラックリストの場合はある一定の期間が過ぎれば消えてしまいますが、業者独自の情報は残り続ける可能性があるため、一度過払い金請求をした業者および関連会社で新たに契約することはできないと考えた方がよいです。

過払い金請求をしてからもクレジットカードは作れるのか?

card-1673581_1280

完済している場合は過払い金請求をしてもクレジットカードは作れる

過払い金請求はお金に関する問題であるため、クレジットカードが作れなくなるのではないか、と心配する人が多くいます。 しかし、結論から言うと、既に完済しているのであれば過払い金請求をしてもクレジットカードは問題なく作ることが出来ます。

なぜなら過払い金請求自体は借金でも何でもなく、支払ったお金を取り戻すだけだからです。 そのため信用情報が傷つくようなこともありません。

しかし、問題は完済できていない場合です。 完済できていない状態で過払い金請求を行うと残債と過払い金が相殺されます。 相殺後、過払い金が上回れば問題ないのですが、残債が上回ってしまうと信用情報機関に事故情報として記録されてしまいます。

そうなると結果的に新しいクレジットカードが作れなくなる可能性があります。

過払い金請求をして債務が残ってしまう場合はクレジットカードが作れない可能性が高い

返済中に過払い金請求を行い、過払い金で債務を完済することができなかった場合、任意整理扱いとなりブラックリストに登録されてしまいます。 そのため新たにクレジットカードを申し込んでも作成できなくなってしまいます。

任意整理は、自己破産や民事再生手続きなどと同様に事故情報として取り扱われることになってしまいます。 消費者金融業者やクレジットカード会社の審査では、信用力の低い顧客として認識されてしまうのです。 ですから、返済通に過払い金請求をする場合は、過払い金で債務を完済できるよう確認することが大切になります。

もしくは、完済するのを待ってから過払い金請求をするかです。どちらの方法も、できればブラックリストには登録はされません。

一度でも過払い金請求をした業者からはクレジットカードは作れない

クレジットカードの過払い金請求を行う際に知っておきたいことがもう1点あります。それは過払い金請求の対象となるクレジットカードは原則として解約扱いになり、そして同じ会社が発行している別のクレジットカードを新規発行することが出来なくなるという点です。

ブラックリストに載っていなかったとしても、その会社のクレジットカードは一切作れなくなってしまうので注意しましょう。 このように、クレジットカードにおいては過払い金請求は必ずしもメリットになるとは限りません。 もし対象のクレジットカードを解約したくない場合は、別の解決方法を模索する必要があるでしょう。

また、先ほど紹介したように、完済しているのであれば他の会社のクレジットカードを作ることは問題なく行えます。 過払い金請求によって解約扱いになった後に、別会社のクレジットカードを新規に作るのも1つの方法と言えます。

まとめ

credit-card-1680347_1920

クレジットカードは金融業者と同様に過払い金請求ができます。ただし、借金であるキャッシング枠のみ請求対象です。

ショッピング枠は借金ではないので対象外となります。 クレジットカードはたくさんの種類があります。自分の使用しているクレジットカードが、過払い金が発生しているものなのかをチェックしてみましょう。

過払い金請求には、メリットだけではなくデメリットもあります。デメリットをわかったうえで、過払い金の請求を行いましょう。 また、債務などが残ってしまうと他の会社のカードも作れなくなるリスクが発生するため注意が必要です。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守

関連記事