払いすぎた利息を取り戻す過払い金請求とは?

払いすぎた利息を取り戻す過払い金請求とは?

最近、テレビやラジオで頻繁に取り上げられている「過払い金請求」。今更ですが過払い金請求とは一体何なのでしょうか?もしかして、知らない間にあなたにも過払い金が発生しているのでしょうか?だとしたら、気になりますよね。それでは、詳しく解説しますので最後まで読んでみて、不安を解消し過払い金請求をしてください。

そもそも過払い金請求って何?

過払い金請求は法律の改正によってできた消費者の権利

出資法が改正される前に支払っていた、利息制限法の上限金利(15%~20%)を超える金利については、「過去に多く支払っていた利息は、元本に充当される」と裁判所で認められました。グレーゾーン金利(15~20%を超える金利)で支払っていた利息を、法律で定められている金利(15~20%)で計算しなおす引き直し計算をして、元本を超えた利息分は過払い金として、返還請求ができるようになりました。

以上のように、貸金業者が利息制限法の上限金利を超える高い利息をとっていたことから生まれ、法律の改正により貸金業者から払いすぎていた利息を取り戻すことができるようになりました。なるほど!でも、法律ばかりでなんだかややこしい…。これから各項目ごとにやさしく丁寧に解説していますのでご安心ください。

グレーゾーン金利とは?

グレーゾーン金利とは簡潔にいえば、利息制限法と出資法というお金に関する法律の上限金利のが異なることにより発生した金利帯(差額)です。貸金業者は利息制限法の上限金利(15%~20%)で貸付をしなければいけませんでした。しかし、利息制限法の上限金利(15%~20%)を超える金利で貸付をした場合についての罰則がなかったため、多くの貸金業者は出資法の上限金利(29.2%)で貸付をしていました。

利息制限法で決まっている上限金利

お金の貸し借りに関する利息の契約などを、利率の方面から規制を決めた法律です。利息制限法で決まっている上限金利とは、「借金10万円未満は年利20%」「借金10万円~100万円未満は年利18%」「借金100万円以上は年利15%」です。

出資法で決まっている上限金利

出資法の正式名称は「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」です。簡潔にいえば、貸金業者の規制を目的とし、高い金利などを取り締まる法律です。平成22年(2010)6月まで出資法の上限金利は「29.2%」となっていました。(現在では法律改正により上限金利は20%)

みなし弁済とは?

みなし弁済とは「貸金業法第43条の条件を満たし、かつ出資法に違反しない範囲の金利の場合は、利息制限法の上限金利を超える金利も認める」というものです。これは現在では廃止されている法律で、簡潔にいえば「一定の条件を満たしていれば、利息制限法の上限金利(15%~20%)を超えても出資法の上限金利内(29.2%)であれば金利をとっても問題ない」というものです。その条件とは以下のものです。

  • 貸金業者としての登録がされていること。
  • 貸付金利の利率や、契約した年月日、返済期間と回数、貸付金額、返済の方式、貸金業者の商号を一枚の契約書に記して交わしていること。
  • 貸金業者が返済金を受け取った際すぐに、返済金を確かに受け取ったという書類の受領証書を引き渡していること。
  • 借金をした人が借金の金利を「金利として認識しながら」支払っていること。
  • 借金をした人が借金の金利を「任意で(自分の意志で)」(詐欺、脅迫、あやまりや間違いではなく)支払っていること。

お急ぎください!過払い請求には時効があります!

過払い金請求は最終取引日(最後に取引した日)から10年で時効が成立し、その後一切過払い金を取り戻せなくなります。また既に取引履歴の開示請求を行っていても、実際に請求しない限りは時効は中断しませんので、過払い金の額を計算したまま放置していても最終取引から10年が経過すると過払い金が請求できなくなります。

過去に(特に2000年前半〜2006年)借金をしていた方や、現在返済中の方でも取引が長引いている方は過払い金を請求できる可能性が高いです。時効はもうすぐ先に迫っています。払いすぎた利息を返還してもらうことは当然の権利です!損をしないためにも、早い行動と決断が肝心です!

過払い請求は専門家依頼すべき!

それでは、実際に過払い金請求を行う場合、個人で行うのと、専門家に依頼をするのとではどちらの方が得なのでしょうか。まず、過払い金請求には難しい専門知識や貸金業者との交渉等高度なテクニックが必要となります。そのため、経験や知識がないと貸金業者のいいなりになってしまう恐れがあります。

個人で過払い金請求をおこなった場合のメリットは、費用を最小限に抑えられることです。専門家に依頼すると着手金や基本報酬、成功報酬などの費用がかかります。そのため、専門知識や貸金業者との交渉能力がないと、過払い金の返還額も少額になったり、時間がかかったりと本末転倒になるリスクが実際に生じています。絶対に家族には知られたくないと思っていても判明してしまったケースもあります。

過払い金請求のおおまかな流れは「貸金業者から取引履歴を取り寄せる→過払い金を調べるための引き直し計算→貸金業者へ過払い金請求→貸金業者と交渉し、過払い金の返還額を決める→交渉後、まとまらなければ裁判所へ訴訟をする→過払い金の返還」このように、個人で過払い金請求をする場合では、作業が多くなり時間と手間がかかります。さらに、話し合いでお互いの同意が得られない場合は、裁判をしなければなりませんので、裁判所に行ったり、必要な書類の作成など多大な時間と手間が必要になります。

悪意のある貸金業者は過払い金の返還を1日でも遅らせるために、取引履歴を取り寄せても返送するまでの時間をかけてきたり、個人の対応を後回しにするケースが多いです。貸金業者もプロです。過払い金請求の対応には慣れており、貸金業者は1円でも安い返還額を提示してきます。そのため、ほとんどの場合、本来発生している過払い金よりも少額になってしまいます。そこで、個人でのデメリットを最小限に抑え、理想の過払い金請求を成功させる方法が、専門家への依頼です。

専門家に依頼した場合、過払い金がいくら発生しているか調べるための取引履歴を貸金業者から取り寄せたり、過払い金の返還額を出すための引き直し計算や、貸金業者と返還額を確定させるための話し合いや裁判など、すべてのやり取りをおこなってもらえます。また、仕事などで忙しい時でも、専門家が窓口となり手続きをすることで自宅に貸金業者から連絡がいったり、書類などが送られることもないので、家族にばれる心配もありません。仕事やプライベートに支障をきたさずに「安心して」過払い金請求を行えます。

さらに、借金を返済中の方は、専門家に依頼することによって貸金業者と依頼者の間に専門家が入るため、貸金業者が依頼者に取り立てをおこなうことができなくなります。返済が遅れてしまって貸金業者からの取り立てに悩んでいる方にとっては大きなメリットです。専門家に依頼した場合は、交渉次第で過払い金についた年5%の利息も回収できる可能性があります!

以上のように、わずらわしい過払い金請求手続きを全部任せ、時効前に最大限の過払い金を取り戻し、家族には内緒でプライベートを充実させ、さらに利息まで取り戻せる可能性がある、「専門家への依頼」。一度、検討する価値はあるのではないでしょうか。過払い金請求の「肝」は時間との勝負です。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守

関連記事