過払い金請求のデメリットを回避しメリットを最大限引き出す方法

過払い金請求のデメリットを回避しメリットを最大限引き出す方法

最近、巷で流行りの過払い金請求。あなたもテレビやラジオで言葉くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。過払い金請求は、難しい専門知識や請求先の貸金業者との交渉を必要としますが、個人でもおこなうことができます。

ただし、個人でおこなった場合と過払い金請求の専門家に依頼した場合や、借金を完済しているか返済中かで得られるメリットやデメリットが違います。これらについてもメリット・デメリットをそれぞれ理解した上で、どちらの方法があなたに合っているかを考えて過払い金請求をしてください。

完済後に過払い請求をするメリット・デメリット

払い過ぎた利息を取り戻すことができる過払い金請求ですが、借金を完済していて(支払済)これから過払い金請求をする方にとっては、メリットやデメリットが気になるところではないでしょうか。過払い金請求のメリットとデメリットは借金を完済しているか、返済中かで大きく変わってきます。

たとえば、借金を完済しているのであれば、ブラックリストに載りませんが、借金を返済中の場合はブラックリストに載ってしまうケースもあります。すなわち、過払い金請求を完済後にする場合は、返済中にするよりデメリットが少ないです。ただし、借金を完済している場合は、最後にお金を返した日から10年で時効が成立してしまうので、1日でも早く過払い金請求をおこなう必要があります。

完済後に過払い請求をするメリット

払い過ぎた利息が手元に戻ってくる

借金を完済している場合の過払い金請求の最大のメリットは、払い過ぎていた利息(過払い金)が返還されることです。過払い金はグレーゾーン金利で取引をしていた場合に発生します。グレーゾーン金利とは、利息制限法の上限金利(15~20%)と、出資法の上限金利(29.2%)の差分です。つまり、15~20%以上の金利で借金をしていた方は過払い金請求ができます。また、グレーゾーン金利での取引が長ければ長いほど、過払い金は多額になります。

ブラックリストに載らない

過払い金請求をおこなうと必ずブラックリストに載ってしまうと聞いたことがあるかもしれませんが、それは間違いです。過払い金請求でブラックリストに載るケースは、借金を返済中に過払い金請求をして、戻ってきた過払い金で借金残高を0にできなかった場合のみです。借金を完済しているのであれば、ブラックリストに載ることはありませんのでご安心ください。

完済後に過払い請求をするデメリット

完済した日から10年で過払い金が消滅します

過払い金請求には、最後にお金を返した日から10年の時効があることをご存知でしょうか。時効が成立してしまうと、いくら過払い金が発生していたとしても取り戻す手段はなくなります。借金を完済している方は、自分の借金を払い終わった日がいつだったかを調べ、時効が成立する前に過払い金請求をしてください。

同じ貸金業者で借りたり返したりを繰りしている方は時効の起算日(時効の計算をし始める第一日目)が変わる可能性があるので注意が必要です。同じ貸金業者との複数の取引が、すべて別々の取引と考えるのか、ひとつの取引(一連の取引)として考えるのかで内容が変わります。

別々の取引(分断された取引)とした場合、時効の起算日はそれぞれの取引で借金を返し終わった日から10年なので、10年以上前の取引については時効が成立し過払い金請求ができません。しかし、ひとつの取引とした場合は、複数の取引で最後にお金を返し終わった日が時効の起算日になるので、10年以上前に発生した過払い金も取り戻すことができます。

つまり、同じ貸金業者で借金・返済を繰り返している方は、取引の種類が判別しにくい状態になっているかのうせいがあります。また、一連の取引か分断された取引かは法律上、明確に決まっていないため、個人の方が判断することは難しいので、そういう方は特に専門家にご相談されることをおすすめします。貸金業者の言いなりになってしまいますからね。

請求した貸金業者から新たな借入やクレジットカードの作成ができない

完済してから過払い金請求をした場合は、ブラックリストにのることはありませんが、貸金業者が過払い金請求をした人を社内で管理することから、請求先の貸金業者から新たな借入やクレジットカードの使用・作成はできなくなります。請求先と同じグループ会社が発行しているクレジットカードも使用・作成ができなくなります。

また、請求先が合併した場合は、新しい貸金業者のクレジットカードも利用・作成ができなくなりますのでご注意ください。ただし、請求先以外のクレジットカードの使用や作成はできますのでご安心ください。クレジットカードの使用ができなくなるので、ショッピング枠やETCカードも同時に使えなくなります。

また、毎月の光熱費や携帯電話などの料金をクレジットカードで引き落とししている場合は、過払い金請求後から引き落としされなくなるので、請求前に別の会社のクレジットカードに変更する必要があります。しかし、これはデメリットであると同時に、もう借金ができない状態にすることで“二度と借金をしない”状況ができるので、メリットにもなります。

返済中に過払い請求をするメリット・デメリット

返済中に過払い金請求をおこなうことを、「任意整理」と言います。そして、任意整理とは、裁判所を通さずにお客様の代わりに司法書士や弁護士が 債権者(消費者金融・信販会社・カード会社・サラ金業者など)と任意の話し合いを行うことです。裁判所を通して解決する手続きを「法的整理」と呼ぶのに対し、この方法は裁判所を通さずに交渉するため「任意整理」と呼ばれています。過払い金請求では、司法書士と金融業者が直接交渉をおこないます。

返済中に過払い請求をするメリット

借金の残高が減る・手元にお金が戻ってくる

毎月の返済が苦しいな・・・。そんなあなたに!
借金を返済中の方は、現時点で発生している過払い金を請求して、返還された過払い金を残りの返済に充てることができるので、借金の残高を減らすことができます。

返還された過払い金が借金の残高以上の場合は手元に戻ってきます。過払い金請求をすることによって、借金生活から貯金生活になったケースも多くあり、借金を返済中の方にとっては、苦しい借金生活から抜け出すための最短の道です。

新たな借入が不要

今月も借金返済がピンチ・・・!
現在、新たな借入をお考えの方は過払い金請求をすることによって、過払い金が返還されますので新たな借入をする必要がなくなります。過払い金が発生しているのに気が付かずに、新たな借入をしてしまっている方も多くいますので、借入をする前に過払い金が発生しているかをご確認ください。

返済中に過払い請求をするデメリット

借金を返済中の過払い金請求は、返還された過払い金で借金残高を全額返しきれなかった場合、ブラックリストに登録されてしまいます。ブラックリストにのると新たな借入やクレジットカードの作成などがむずかしくなります。

しかし、ブラックリストにのったとしても、おおよそ5~7年で削除されますので、今後も苦しい返済を続けて悩まれるよりも、過払い金請求をして少しでも返済額を減らした方が、精神的にも負担が少ないです。

請求した貸金業者から新たな借入やクレジットカードの作成ができない

過払い金請求をおこなうと、請求先の貸金業者から新たな借入をすることがむずかしくなります。貸金業者は過払い金請求をした人のリストを独自に所有・管理しているためです。何度も少額の取引を繰り返しているような人は借金癖がついている可能性があるので、大きな借金をしてしまう前に、自分の生活や収支を見なおし、無駄遣いを減らすきっかけにしましょう。

過払い金請求は個人でやるのと専門家に依頼するのとではどっちが得?

過払い金請求について、メリット・デメリットを紹介してきましたが、結局のところ、個人でおこなうのと、専門家に依頼をするのとではどちらの方が得なのかが気になるところではないでしょうか。

そのため、経験や知識がないと貸金業者のいいなりになってしまう恐れがあります。個人で過払い金請求をおこなった場合のメリットは、なんといっても費用を最小限に抑えられることです。専門家へ依頼するには着手金や基本報酬、成功報酬などの費用がかかりますので、過払い金が少額の方や少しでも出費を抑えたいという方はご自身で返還請求をすることをおすすめします。

過払い金請求を個人でおこなう場合はデメリットに注意

難しい手続きなどをすべて自分でおこなわなくてはいけない

個人で過払い金請求をした場合のデメリットとしては、手間・時間がかかることが一番大きいです。個人で過払い金請求をするには以下の手順をおこなわなければなりません。

① 貸金業者から取引履歴を取り寄せる
② 過払い金を調べるための引き直し計算
③ 貸金業者へ過払い金請求
④ 貸金業者と交渉し、過払い金の返還額を決める
⑤ ④で決まらなければ裁判所へ訴訟をする
⑥ 過払い金の返還

このように、個人で過払い金請求をする場合、貸金業者から取引履歴を取り寄せ、過払い金の金額を調べるための引き直し計算をして、返還額を確定させる話し合いをしなければなりません。さらに、話し合いでお互いの同意が得られない場合は、裁判をしなければなりませんので、裁判所に行ったり、必要な書類の作成など多大な時間と手間が必要になります。

貸金業者の対応の遅れや過払い金の金額が少なくなる可能性がある

貸金業者は過払い金の返還を1日でも遅らせるために、取引履歴を取り寄せた場合に返送するまでの時間をかけてきたり、個人の対応を後回しにするケースが多いです。過払い金請求は、借金を返し終わった日から10年で時効が成立してしまいますので注意が必要です。

また、貸金業者は過払い金請求の対応をたくさんしており、過払い金請求の交渉に慣れています。当然、貸金業者は1円でも安い返還額を提示してきます。貸金業者を相手に交渉し、自分の納得できる返還額を取り戻すことはむずかしいです。ほとんどの場合、本来発生している過払い金よりも少ない金額になってしまいます。

家族に借金がばれる可能性がある

上記の「難しい手続きなどをすべて自分でおこなわなくてはいけない」で説明したとおり、個人で過払い金請求をする場合、貸金業者から取引履歴を取り寄せたり、交渉などをしなければなりません。そのため、自宅に貸金業者の名前が入った封筒や連絡がいってしまう場合があり、家族に借金を隠している方は、ばれてしまう可能性があるので注意が必要です。

専門家に依頼した場合は費用がかかるがメリットがたくさんある

面倒な手続きをすべて代わりにおこなってくれる

忙しい時でも、専門家が窓口となり手続きをしますので、自宅に貸金業者から連絡がいったり、書類などが送られることもないので、家族にばれる心配はありません。仕事やプライベートに支障をきたさずに過払い金請求をおこないたいのであれば、専門家に依頼することをおすすめします。

借金を返済中の人は取り立てがストップする

現在、借金を返済中の方は、専門家に依頼することによって貸金業者と依頼者の間に専門家が入るため、貸金業者が依頼者に取り立てをおこなうことができなくなります。返済が遅れてしまって貸金業者からの取り立てに悩んでいる方にとっては大きなメリットです。

過払い金についた利息まで返してもらえる

専門家に依頼した場合は、過払い金についた年5%の利息も回収できる可能性がありますが、貸金業者によって対応が違ってくるため利息分も含めて請求したい場合は、特に専門家にご相談ください。

過払い請求は専門家に依頼することで最大のメリットが得られる

過払い金請求は個人でもやることができますが、貸金業者から取引履歴を取り寄せて引き直し計算をしたり、過払い金の返還額を確定させるために貸金業者と話し合いをしたり、時間と手間がかかってしまうことや、過払い金の返還額が少額になってしまうデメリットを考えると、費用はかかりますが、専門家に依頼することが過払い金請求の最大のメリットを得る方法です。

借金を返し終わっている方も返済中の方も、過払い金請求によって得られるメリットの方がデメリットよりも大きいので、過払い金が発生しているのであればすぐに過払い金請求をしてください。何度もいいますが、過払い金請求には「時効」があります。善は急げ。思い立ったが吉日だと思って行動してみてください。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守

関連記事